ただいまサイトデザイン改装中(一部レイアウト崩れがあります)

【国際恋愛】年下ロシア人彼氏と付き合う年上彼女の悩みと対処法

  • 年下の外国人彼氏から愛情はたくさんもらえてるけど、
  • 私はいつまで「かわいく」いられるだろう?
  • いつまで彼に求められるだろう?

 

年上彼女としては気にしないようにしていても気になってしまいますよね…

 

現在私にはひと回り近く年下のロシア人パートナーがいます。

ビザの関係でいつ遠距離になってしまうかわかりませんが、同棲を始めてかれこれ4年目。

 

確実な体の衰えを目の当たりにしながらも、良い意味でいつまでも若い気持ちを持ち続けています。

 

大切なのは、

「若く美しい」だけが女性の魅力じゃないこと

自分で自分を好きでいられるよう、前向きな努力と卑屈にならない心を持つこと

 

「どうせ私なんて」という卑屈な気持ちを持つとあなたの魅力が半減します。

 

彼と別れたとしても「新しい出会いなんてすぐ見つかる!」と言えるくらい、魅力的なあなたでいる努力をしましょう!

 

 

目次

年上彼女の悩み対処法

 

老いを如実に感じて不安に思う年上彼女さんに、こんな対処法をおすすめしています。

 

  1. 体を若く保つため筋トレに励む
  2. 夜の関係を続けるためストレッチをする
  3. 年齢差をポジティブに考える
  4. 子どもが欲しいなら同じ考えの人を相手に選ぶ
  5. 彼が別の人を好きになったら素直に祝福して別れる

 

統計を取ったわけじゃないのでよくわかりませんが、少なくとも芸能界を見る限り、日本人男性は年下の女性を好むようです。

芸能人=一般人ってわけじゃないですけど。

あと、トランプ元大統領とかブラジルのボルソナロ大統領とか二人ともスゴイ年下の奥さんがいる。

 

生物学的には

女性は閉経まで「務めを果たせる」

ことになるし、若ければ若いほどいいでしょうね。

高齢出産は母子ともにリスクが高まるほか、遺伝子異常の病気だって起きやすいもんね。

 

その一方で、男性は60歳過ぎても生殖能力はあるため、人間を生物(いち哺乳類)として考えるなら男性が極端に若い女性を好むのはやむを得ないかもしれない。

 

ところで、私の年下ロシア人パートナーは彼は欧米人特有の「年より老けて見える顔」。

一方、私はアジア人特有の「若く見える顔」のため、並んで歩いててもさほど違和感がありません。

 

「年下彼氏? うらやまし~!」

とはよく言われるし、彼に愛されていることを実感するほど、私はほんとに幸せ者だと認識しています。

 

でも。

 

ヤナ
私のカラダは確実に年をとってきてるんだよなァ…

 

  • 白髪も増えたし、シミも小じわも増えました。
  • かかともカサカサしてる。
  • 乾燥肌なので顔も手指も保湿しないと粉ふいちゃう。
  • 太ももの静脈はちょっと透けて見えてきてる
  • 髪の毛はつむじが割れやすく頭皮の白さが目立つように。

 

若くは見えてももはやかつてのようなみずみずしい若さはない…なくなりつつあるっ!

 

生物的な問題が一番コワイところですが、ほっとくだけだとどうにもならないので努力するしかありません。

 

①体を若く保つため、筋トレに励む

 

私は基本的に子どものころからガリガリ体型で、女性的な体型とはほど遠い人生を過ごしてきました。

裸の自分を見たときに、あばらが浮ている感じや貧乳なんかはずっとコンプレックス。

 

うちのロシア人パートナーは

太ったロシア人女性をたくさん見てきており、太った人がキライ

なので、こんなメリハリのない私のからだでも『細くてきれい!』と言ってくれます。

でも、彼の言葉に甘えてちゃだめですね!
何もしないままで今より良くなることはあり得ないし。
そんな私がしたことは、
パーソナルジムに通って筋トレをすること。
ふつうのジムでもいいんですが、経験のない人は正しいやり方を知らないため、効果が出る前に飽きてやめてしまうのがオチ。(経験者)
週一回のジムを半年続けることで、もともと体力のない私でも体のシェイプが徐々に変わりました。
スポーツジムはちょっと続かなくて、いまはオンラインフィットネスを継続しています。
オンラインフィットネスに関してはすごく気に入っているので、私が運営する別サイトの比較記事をご覧ください。
実際、体のラインが変わったことは彼も気づき、すごく喜んでましたね。
メイクで若作りするイタい女性ではなく、筋トレやフィットネスで心身ともにきれいになった方が何倍も魅力的、と私は思う。
彼のためだけじゃない、自分のためにも筋トレをしよう!

②夜の関係を楽しく続けるためにストレッチ

 

あたりまえですが、なにより日常的な愛情表現が大切です。

いくら私がロシア好きであろうと、愛がなければ彼とは続きません。

 

年下の彼に求められることはたいへんうれしいことですが、いかんせんこちらも疲れやすい。

腰を痛めやすいなどで老朽化が著しい…(-_-;)

 

解決策としてはやっぱり、

普段からの体力づくりやストレッチ、マッサージなどが効果的

です。

 

私はもともと首が長いうえにストレートネックなので首肩を痛めやすいんですね。

腰回りの筋力も弱く、日常的に腰痛になりやすいので、近所のタイ古式マッサージが欠かせませんでした。

 

ただしタイ古式マッサージは1回60分5000円かかるので、コスパはあまりよろしくない。

 

いまは入会しているオンラインフィットネスで、

腰痛改善のストレッチプログラムを実践している

ので、大変助かってます。

 

私は体位によってすぐに腰を痛めるので、

苦手なポジションや痛みがあるようなら、それをちゃんと彼に伝えたほうがいい

と思っています。

 

「彼に嫌われないように」と気を使いすぎて無理しても、決して楽しめないはず。

むしろそういうときにいたわってくれる相手かどうか見極めるのも重要ですね。

 

自分の体のケアをしつつ、「一緒に楽しみたい」という気持ちを忘れないように

③平均寿命をポジティブに考える

 

日本人女性の平均寿命は約84歳、ロシア人男性の平均寿命は約67歳

ヤナ
いや、ロシア人低すぎ…!!
それでもロシア人はアルコール摂取量が減ってから、反比例して平均寿命が延びつつあります。
もし彼が67歳で死んだら、私はそのとき77歳。
日本人女性、77歳でだんなさん亡くしてる人、けっこういますよね…。
そう考えるとバランスはいいのかも。
(ポジティブ!!)
もしあなたが彼と同世代だったら、早い段階で“未亡人”になる可能性も(笑)
ヤナ
未亡人ゆーても私は結婚してませんけど~

④出産はしたければそれを望む相手を

 

30代も後半になると、リアルな問題として女性としての機能が落ちてくるわけです。

 

もしあなたが出産を望むなら、少なくとも相手にその願望があるかどうかはものすごく大事。

言うまでもありませんが、生物学的なリミットが近づいてる

 

代理母出産とか乱視の冷凍保存とか次世代的なやり方もありそうですが、これにはお金も時間もかかるし、あなたとお相手双方の考え方にも左右されます。

 

私はかつて、

結婚して家庭を作るのが人生の目的だった

ことがあり、それは自分にとって不自然で苦しい生き方でした。

 

結果的にその目的が果たされなかったことは幸い。

 

最終的にたどり着いた答えは

「結婚のために相手を探すとか、子どもが欲しいから結婚するとか、そういう考えは私には合わない」

でした。

 

彼は子どもを欲しがっていませんし、私も「子どもが欲しいから彼と結婚したい」とは思っていません。

 

でももし私が子どもを欲しているのなら、別の相手を探していると思います。

出産のタイムリミットが迫ってますからね。

 

結婚して子どもが欲しいなら、同じ気持ちでいる相手を探すべき

⑤彼の気持ちが若い女性に向いたら、素直に祝福する(つもりでいる)

 

いまは彼は子どもを欲していないし、なんとなく彼の性格上、子どもが欲しいとは言わないんじゃないかなーと思っています。

 

ただ、もし彼が子どもを欲しがったら?

そのとき、私がすでに出産のリミットを過ぎていたら?

 

私はちゅうちょなく、

「彼をあきらめ、彼の幸せを応援」

します。

 

私のような年上彼女にできるのはこれしかありません。

 

2019年にタレントの磯野貴理子さんの衝撃的な離婚の話が出ましたよね。

 

ヤナ
詳細をここに書くのもはばかられます。ご存じない方、ググってください

 

私はもともと芸能ニュースは興味もないんですが、貴理子さんの話は鈍器で頭を殴られたようなショックを受けました。

 

自分自身と重ねたから。

 

 私も彼にそう言われたら、貴理子さんみたいになろう、なれるようにしよう。

 

そう思いました。

 

人の心って変わるもの。

結婚前は「子どもはいなくてもいい」と思ってたって、何年かたって心変わりすることってあると思うんですよ。

 

芸能ニュースはあまり見ないので、貴理子さんの元だんなさんがどんな人だったとかは知りません。

 

でも彼は相手を傷つけることはじゅうぶん承知の上で、でも自分の人生を正直に生きるために彼女に伝えたはずなんです。

 

そして、貴理子さんもそれをわかったからこそ、彼に感謝して送り出したんですよね。

へたしたら、貴理子さんと同じ立場になりかねないのが年上彼女の避けて通れない道。

 

もしうちのロシア人彼が「子どもが欲しい」と言いだしたら。

もしくは若い女性を好きになってしまったら。

 

私も貴理子さんを見習って、彼にありがとうと言って送り出したい。

 

そうなってほしくはないけど、そういう覚悟はしています。

潔いオンナの方が絶対魅力的だもん。

 

別れを切り出されたら、感謝の気持ちを伝えるしかできない。偉大なる先人がいることを忘れないようにしよう

まとめ

 

年齢を気にするお年頃の年上彼女としては、以下のようなことを意識して毎日を送るのがいいと思います。

 

  1. 彼のためだけじゃない、自分のためにも筋トレをしよう!
  2. 自分の体のケアをしつつ、「一緒に楽しみたい」という気持ちを忘れないように
  3. 年上でよかった。もしあなたが年下だったら、早い段階で“未亡人”になる可能性も
  4. 結婚して子どもが欲しいなら、同じ気持ちでいる相手を探すべき
  5. 別れを切り出されたら、感謝の気持ちを伝えるしかできない。

 

結局、個人でできることは限られています。

 

あとは彼との相性や運によって、どうなるか決まってくるでしょう。

こればっかりはどうしようもない。

 

でもね、「やっぱり女は若いほうがいいのか」なんて思いたくないし!

 

老いに負けないために、老いていく自分を丸ごと愛す。

心身ともにきれいで健康的な生活を送れるようにする。

 

彼のために、じゃなくて自分のために行うことが、結果的に彼を喜ばせることにもつながります。

 

自分をしっかり持っている芯の強い女性は魅力的。

外見だけ気にするより、内面も磨いていきましょう!

 

なお、怒りっぽくて自己嫌悪に陥りやすい人にはぜひ

アンガーマネジメント

のスキルを身につけることをおすすめします。

 

彼とケンカしても仲直りしやすくなり、日頃のストレスを大幅に軽減できますよ。

▶関連記事:アンガーマネジメントでロシア人彼との仲直りが2倍早くなる!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
目次
閉じる