ただいまサイトデザイン改装中(一部レイアウト崩れがあります)

ロシア旅行で現地SIMカードを買うならここ【おすすめスマホショップ3社】

海外でSIMカードを買うって、緊張しますよね!?

 

英語で買うのさえしどろもどろなのに、会話もままならないロシア語でSIMカードを買うなんてできるんだろうか?

 

そんな不安を抱いている方へ…

 

言葉がろくすっぽ通じなくてもSIMカードは買えます。

 

今回の記事では、ロシア旅行をした際に四苦八苦してSIMカードを手に入れた私が、そのときの経験をもとに、

ロシアでSIMカード買うならここで!

というオススメの3社を紹介します。

 

いろいろ調べてみた結果、今回紹介する通信会社のなかで

  • 一週間以上の旅行ならBeeline
  • 一週間以内の旅行をするならMEGAFON

がイイ!

ということがわかりました。

(クリックで紹介ページにジャンプ!)

 

SIMカードを買えばコスパ最強の通信手段を手に入れたことになります。

どんなに使いまくっても制限がかかることはないくらいの容量たっぷりなので、ぜひとも手に入れることをおすすめします!

 

目次

ロシアでSIMカードを買うならこの3社

 

ロシアでは有名な大手通信会社があって、それが

  1. Beeline(Билайн)
  2. MEGAFON(МегаФон)
  3. MTS(МТС)

のみっつ。

( )はロシア語表記

 

私はこのうち、BeelineでSIMカードを買いました(↓)

beeline SIMカード

ハチ(bee)のデザインがかわいい

 

ヤナ
いまはもう使えないんですが、記念にとってあります

 

Beeline(Билайн)

 

私がBeeline(ビーライン)で買おうと思った理由は、

ハチのデザインがかわいかったから。

 

街で見かける頻度は後述する2社の方が多いような気がしますが、Beelineもロシアの主要エリアには必ず店舗があります。

 

 

公式サイトから確認できた価格は以下の通り(↓)

beeline plan

 

25GB 550p(1カ月間)

 

私は2017年頃に

20GB 600p

で購入した記憶があります。

 

上の写真は2021年のものなので、今後も少しずつ価格帯は変わるかもしれません。

 

1カ月間25GB使えて、約1100円ほど。

安い!!

 

ヤナ
当時も今も、これより安いものはなさそうですね

 

Beeline公式ページ(外部リンク)

 

MEGAFON(МегаФон)

 

つづいて、MEGAFON(メガフォン)。

あちこちで店舗を見かけます。

 

ペテルブルグ中心地にある大きめのショップは、日本の家電量販店のスマホコーナーをそのまま抜き出したような充実ぶりでした。

 

SIMカードの価格はこんな感じ(↓)

megafon plan

 

20GB 350p(一週間)

 

Beelineとちがって一週間しか使えませんが、旅行者にとっては十分な期間だと思います。

 

旅行中のネット代が約700円弱って…マジで安い。

 

ヤナ
つぎはMEGAFONで買ってみよう

 

MEGAFON公式ページ(外部リンク)

 

MTS(МТС)

 

エム テー エス、と読みます。

 

街中でよく見かけると思ったら、ATMにもMTSのロゴがありました。

この記事を書くにあたって公式サイトも見てみましたが、やっぱり「金融部門」もあるみたい。

 

SIMカードの料金プランは以下の通り。

MTS

 

ギガ無制限で1カ月680p。

これはプリペイド式ではなさそう。

 

BeelineやMEGAFONみたいな価格表は探せませんでした。

 

ヤナ
価格表もなくロシア語オンリーのサイトは解読不能…

 

どこにでもある店舗なので迷ったらMTSでいいと思いますが、コスパ的には一つ前のMEGAFONが最高だと思います。

MTS公式ページ(外部リンク)

 

SIMカードを買うのに必要なもの

 

SIMカードを買うのに必要なのは、

  1. パスポート
  2. SIMフリースマホ

のふたつです。

 

ヤナ
あと、クレジットカードも使えます!

 

パスポート

 

ショップの店員さんにパスポートの提示を求められます。

観光客が必要なのはまだわかるんですが、

 

パートナー
ロシア人もSIMカード買うときはパスポート見せる必要あるよ

とのこと!

 

すごく手軽に購入できるぶん、ロシア人であっても身分証明書は提示しないとダメなんですね。

 

SIMフリースマホ

当たり前ですが、SIMフリースマホは必須です。

SIMフリーでなければSIMロックの解除をしておきましょう。

通信会社に問い合わせてください。

 

ヤナ
私はSIMフリーしか使ったことがないのでSIMロック解除ってしたことありません

 

SIMロックの解除は日本を出発前にしましょう

 

おまけ:SIMピンはあると便利

 

あとは、SIMピン!

個人的に、SIMピンはあったほうがいいです。

 

理由としては、

日本に帰国してからすぐにSIMカードの入れ替えができないから。

 

現地でSIMカードを挿入し、アクティベートしてくれるまではスタッフがやってくれます。

なのでSIMピンがなくても使うのに問題はありません。

 

でも、日本に戻ってきてからロシアのSIMカード入りっぱなしだと、空港のフリーWi-Fiでしかネットが使えないんですよね。

 

ヤナ
電話番号も使えないよ!

 

帰国後すぐにスマホが使いたいなら、SIMピンを使って自分でSIMカードを交換するのが無難です。

 

 

SIMカードの買い方(カタコトのロシア語編)

 

ロシア語はあいさつ程度しかできないド素人が、ロシア語しか通じないスマホショップでSIMカードを買ったやり方です。

 

ヤナ
結論:まあ、なんとかなる!

 

使う言葉は

「こんにちは~。SIMカードください」

「じゃあ、それで」

この2語のみ!!

 

観光地ならこれでなんとかなる!(当社比)

 

①まずスマホショップに入店

 

ロシア スマホショップ

 

まず、以下のフレーズを暗記し、入店したら言ってみる。

 

Здравствуйте !

(ズドらーストヴィチェ)

こんにちは~

 

Я хочу SIMкартку

ヤ ハチュゥ スィムカーるトクゥ)

SIMカード欲しいんですけど

 

②価格表を見せられるので提案を受け入れる

 

ロシア スマホショップ

 

こちらがロシア語のしゃべれない観光客だとすぐにわかるはずなので、店員はこと細かく聞いてくることはない(はず)。

 

たいていは価格表の一番安いものを提案してくれる。

主要な観光地であれば不正を働かれることは考えにくい。

 

相手の言っていることがわからなくても、

Да,пожалуйста

(ダー、パジャールスタ)

あ、はい、じゃあそれで

と提案を受け入れよう。

 

ロシア語話せないと、提案を受け入れるか拒絶するかしかできない

 

拒絶したら後がないので

受け入れざるを得ない。

 

ヤナ
今回紹介している3社はロシアでも有名な大手のチェーン店なので、不正を働かれるとかぼったくられることはないと思います(思いたい)

 

\超初心者向きの旅行ロシア語会話/

 

③スマホの設定言語を英語かロシア語にしておく

ロシア スマホショップ

 

店員さんが英語を話しているならシステム言語は英語で渡して大丈夫。

ロシア語しか通じなそうなら設定をロシア語にします。

 

ただしロシア語設定にした場合、設定言語を日本語に戻すのも一苦労なので、旅行出発前に一度スマホをいじってみるといいですね。

 

ヤナ
SIMカードのサイズは勝手に選んでくれるし、アクティベートもやってくれる。最後はСпасибо(スパシーバ)!と言って去りましょう

 

まとめ

 

以下、各社のリンクを貼っておきます。

 

めちゃくちゃ緊張しますが、通信手段がないと一人旅はほぼ不可能!

背に腹は代えられないと思い、思い切ってショップに飛び込んでみてください。

 

ヤナ
恥をかくのもいい思い出です!

 

あらかじめサイトをチェックしておくと、現地で価格表を見せられた際にも困らないはず。

ぜひ予行演習していってくださいね。

 

\超初心者向きの旅行ロシア語会話/

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
目次
閉じる