ただいまサイトデザイン改装中(一部レイアウト崩れがあります)

【超初心者向け】ロシア語文法の参考書はこれ1冊でOK

本記事ではおすすめのロシア語参考書を紹介します。

 

参考書はあくまで教科書の補助的な役割をするので、なくても問題ありません。

 

ただし、

あると理解が深まるし、教科書だけではわからなかった部分を違った角度から調べることができるので、

あって損はありません。

 

ヤナ
最初から買っておく必要はないと思います

 

テキストでつまづきやすくなるようなら購入してみてはいかがでしょうか。

 

目次

『これならわかる ロシア語文法』 匹田剛著(NHK出版)

 

サブタイトルに「入門から上級まで」とあるように、あらゆるレベルの学習者に向けた文法に特化した書籍です。

 

◎発音記号やCD/ダウンロード音源はないので、読んで文法を理解するための1冊
◎「文法書」というより文法の「参考書」的位置づけ
◎初心者、独学者には必携といえる

 

ただ初心者がいきなりこの本を開いても何を言っているかよくわからないと思います。

本書を買うタイミングとしては、文法テキストで学習を進めていき、内容がだんだん難しくなったと感じたときです。

 

 

表紙にあるような薄紫色をベースにした二色刷りで、ページに余白も多く大変見やすいレイアウトです。

 

本書の使い方としては初心者が1ページ目から読み進めるというよりは、

独りで文法の学習書を学んでいて、わからない言葉や引っかかる箇所があった本書で調べる、

という使い方です。

 

発音記号やフリガナ、CDなど音声もついていませんが、アクセント記号があるため音の変化はわかるはずです。

(↑何を言っているかわからない、という人はまだ本書を買う必要はないと思います)

 

日常的にも使える例文が豊富で、文法表だけ列記して終わりではなく、

格変化の詳しい使い方のパターンまで詳細に載せてあります。

 

ふつうの日本人が日本語の文法を外国人に説明できないのと同じく、

ふつうのロシア人に文法を聞いても理解できるように教えてくれる人はいません。

 

どれほどの数の文法テキストを持っていても、ロシア人の友人が何人いても、

何年経っても使えるのがこの『これならわかる ロシア語文法』です。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
目次
閉じる