ただいまサイトデザイン改装中(一部レイアウト崩れがあります)

海外旅行中に機内モードをオンにし忘れても通信費を高額請求されない方法

海外旅行中に、スマホの通信費を高額請求されない方法はないかな?

 

「海外でネットを使っていたら、帰国後に何十万円という通信費を請求された」

 

たまにこのような話を聞きますよね。

節約旅なのにこんな目に遭ったら血ヘド吐きますよ私は。

 

そんなことにならないよう、本記事ではロシアだけでなく海外のどこでも通用するやり方を紹介します。

 

  1. データローミングをオフにしておく
  2. 機内モードをオンにしておく
  3. 日本のSIMカードを抜いておく

 

とりあえず結論として、

機内モードをオフにしてしまいモバイルデータ通信がONになってしまっても、データローミングがOFFになっていれば特に問題ありません。

 

また、③日本のSIMカードを抜いておくというのはもっとも確実な方法です。

 

 

目次

海外でスマホを使うとなぜ高額請求されるのか

 

海外の回線で日本の通信会社のSIMを使うと、割引や定額などがなくなり、使った分だけ請求されてしまうから。

 

ただしこれはいくつかの条件が重なって起きることなので、ちゃんと準備しておけばかんたんに回避できます。

 

データローミングとは

 

データローミングとは

日本で使っている通信会社と契約している海外の通信会社に、自動的につながってしまうこと。

 

たとえばあなたのスマホがdocomoの回線を使っているとしますよね。

日本国内ならdocomoの電波が飛んでいるので、どこでもネットが使えます。

 

ところが海外に行くと、当然のことながらdocomoの電波は届かない。

電波が届かないと、docomoと契約しているA社、B社の回線を“自動的にキャッチして”つながってしまう。

これをデータローミングといいます。

 

ふだんスマホを使うときは「月額〇円」という定額料金や「〇分無料通話」といった通話料が無料のプランで契約していますよね。

 

ところが海外の電話会社の回線はそのような契約をしていないため、使ったら使った分だけ全額請求されてしまう。

 

なので帰国後に数万~数十万の高額請求をされてしまうんです。

これを防ぐためには
「データローミング」をオフにする
必要があります。

 

「データローミング」を使わない3つの方法

 

データローミングを使わないで済む方法は3つ。
  1. データローミングをオフにしておく
  2. 機内モードをオンにしておく
  3. 日本のSIMカードを抜いておく

 

①データローミングをオフにする

 

スマホの通信費で高額請求されないためには、

 

スマホのデータローミングをオフにしておく
のが大前提です。

androidなら「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「データローミング」OFF(灰色)

iPhoneなら「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「4Gをオンにする」をOFF→「データローミング」OFF

 

とくべつ設定を変えていなければ、データローミングはデフォルトでオフになっているはずですが、出発前には一度確認してください。

 

②機内モードをオンにしておく

 

データローミングは機内モードをオンにしたままは使えない

 

機内モードはオンにすることで、モバイルデータ通信もデータローミングもまとめてオフになります。
モバイルデータ通信(データローミング含む)は機内モードをオンにしたまま使うことは不可能
(アイコンが暗くなっていてタップできない)

 

万一機内モードをオフにしてしまった場合でも、データローミングがオフになっていれば高額請求はされません。

 

「機内モードは保険」
のような感じです。

 

③日本のSIMカードを抜いておく

 

SIMカードには通信会社との契約情報や電話番号が入っており、SIMカードがあるから通話やネットの使用が可能になります。

 

海外滞在時にこの日本のSIMカードを経由してデータローミングをしてしまうから、高額請求されてしまうんですよね。

 

このSIMカードを抜いてしまうことで、

機内モードとかデータローミングとかややこしいことからすべて解放されます。

 

つまり、現地のSIMカードを入れ替えた時点で通信費の高額請求は免れるということ。

 

日本から持参するレンタルWi-Fiを利用するにしても、日本のSIMカードを抜いておけば100%安全です。

 

ヤナ
ただしなくさないようにね!

 

まとめ:データローミングをオフにするか日本のSIMカードを抜いておく

 

  • データローミングがオフになっていれば、機内モードをオンにしていなくても大丈夫。
  • さらに、スマホのSIMカードをぬいておけば、通信費はまったく気にしなくてOK。

 

このあたりのことはややこしく感じがちで、

「機内モードオフ=高額請求」という誤解

をまねきやすいですよね。

 

確実なのはSIMを抜いてしまう方法ですが、ご自身に合った対策を取ってください。

 

本記事がお役に立てればなによりです(^▽^)/

 

▶関連記事:【ロシアのネット環境】個人旅行ではSIMカードかレンタルWi-Fiを確保しよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
目次
閉じる