ただいまサイトデザイン改装中(一部レイアウト崩れがあります)

ハーフの子どもをもてはやすのは日本人だけじゃなかった話

スポーツ界では抜きんでた力を発揮するハーフ選手たちが活躍していますよね。

彼らが「日本人」でいてくれることが素直にうれしいです。

 

いっぽう、日本ではあらゆるメディアでハーフタレントが次から次へと出てきている昨今。

 

見目麗しい、語学が堪能なハーフ

をもてはやすのはメディアが作りあげた悪習だと思うのです。

 

このメディアの持ち上げにより、

国際結婚を望む女性が、“かわいい”ハーフの子どもを欲しい

と思っているのは婚活サイトやSNSを見てもあきらか。

 

「失敗しないハーフの子どもの作り方」なんて記事もあります。

 

ヤナ
リンクを貼ろうと思ったのですがムナクソ悪くなるのでやめました

 

 

ところが、ハーフ願望があるのは必ずしも日本人だけではなかったことがわかった経験がありました。

 

目次

ハーフをもてはやすのは日本だけかと思ったら、そうでもなかった話

私は以前、今のパートナーのロシア人彼と一度別れたことがあります。
(その後、復縁)
このときの失恋の痛手から立ち直るために、マッチングアプリを使って何人かの男性とメッセージのやり取りをしていました。
その際に知り合ったとあるアメリカ人男性。
年齢は40代で、日本で在住8年目。
日本語もペラペラ。
当時は失恋でひどく落ち込んでおり、この男性とのやり取りにとても助けられました。
そして
「いまは失恋から立ち直っている時期だから、マッチングアプリを使っているけどまだ次の相手を見つけるつもりはない」
とも伝えてありました。
彼は(下心があろうとも)親身になって私の話を聞いてくれ、どん底の私を前向きに立ち直らせてくれました。
いまでも彼の助けには感謝しています。
ところが、
私が「このアメリカ人男性と会ってみようかな」と思えなくなった理由
がありました。
彼はハッキリとこう伝えてきたんです。

「僕は日本人女性が好き。日本人は若くてエネルギッシュな遺伝子を持っているから。絶対に日本人とのハーフの子どもが欲しい。素晴らしい子が生まれるはずだよ」

このアメリカ人男性にはロシア人の彼と別れたことを伝えていたため、もしかしたら私を励ますつもりでいってくれたのかもしれない。
でも私には、
「この人はハーフの子どもが欲しいから、私(日本人)に興味を持っているんだな」
としか思えませんでした。

遺伝子的にハーフの子どもが欲しい

ビジュアル的なあこがれからハーフの子どもを欲しがる日本人や日本のメディアにもうんざりですが、このアメリカ人男性のように「遺伝子レベル」でハーフを欲しがる人がいるのはちょっとおどろきました。
アンケート調査をしたわけじゃないのでどの程度の人がそう考えているかは不明ですが、確かにいい遺伝子がうまく組み合わされればスーパーチャイルドが生まれるでしょうね。
子どもって夫婦愛の結果じゃないの?
と考えている私は時代遅れのロマンチストなんでしょうか。
「遺伝子的にハーフが欲しい」
そう考えるのがダメとはいいません、考え方は人それぞれだから。
でも私には受け入れられないので、私たちの視線が同じ未来を向くことはないでしょう。
このアメリカ人男性には何度も本心からのお礼を伝えてお別れしました。

炎上した『ハーフの子どもを産みたい方に。』

 

日本人女性に蔓延している「ハーフ願望」が呉服店のキャッチコピーで使われ、大炎上しました。

 

どんなキャッチコピーかと言うと、

『ハーフの子どもを産みたい方に。』

 

ヤナ
… …

 

なんてえげつない!!

⇒外部サイト Sputnikの記事へ

 

ものすごく恥ずかしいです。

このコピーにあおられて、和装をして街に繰り出した女性がいたとしたら…

痛すぎます。

 

いくら非難が殺到して炎上したとしても、なぜこんなコピーが採用されたと思いますか?

コピーライターやクライアント(呉服店)の時代錯誤の偏った観念が第一の原因ですが、もともと一部の日本人女性に「ハーフ願望」があったからとも考えられないでしょうか。

 

外国人と付き合っているだけで「ハーフの子ども羨ましい」といわれる日本

私は自分がロシア人とお付き合いしていることを友人が知ると、

「ハーフの子どもうらやましい~♥」

「ぜったいかわいいーよー♥」

といわれます。

 

いまのところ結婚する予定も子どもを作る予定もありません。

 

ヤナ
自分の子どもなら人種関係なくかわいいに決まってます。

 

連日のようにメディアで見かけるハーフタレント。

モデルだったりマルチタレントだったり俳優だったり。

 

彼らが良いとか悪いとかではなくて、

メディアの持ち上げ方、取り上げ方がハーフを過剰に美化している

ようにしか見えません。

 

日常的にそれを観ている視聴側も

「ハーフとは美しいもの」

「ハーフとは語学が堪能なもの」

という認識を植え付けられてしまっている。

 

「残念なハーフ」なんて言葉が生まれてしまったのには、テレビや雑誌など様々な媒体が欧米(特に白人)至上主義を煽動しているからとしか思えないのです。

⇒『残念ハーフは誰が生んだのか』(HUFFPOST)外部サイト

まとめ:どっちにしろ子どもは親を選べない

パーフェクトチャイルドを狙おうが、

外国人顔の赤ちゃんを狙おうが、

ハーフだろうとなかろうと、子どもはそもそも親のエゴから生まれてくるもの。

 

だから「子どもが欲しい」のも「ハーフの子どもが欲しい」のも本質は一緒です。

 

子どもは親を選べない。

 

ハーフ願望の強い親のもとに生まれてきた子どもが、親の期待通りの外見でなかったとしても、愛のある幸せな人生を歩めればいいなと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
目次
閉じる