ただいまサイトデザイン改装中(一部レイアウト崩れがあります)

【ロシア人彼に聞く】バイリンガル(トリリンガル)の頭のなかは何語?

バイリンガルになったひとって、頭のなかで言語はどう変換されてるの?

これは子どものころからの疑問でした。

 

東京出身で方言を何一つしゃべれない私にとって、地方出身のバイリンガルたちもあこがれの対象です。

 

本記事は

  • 青森出身、津軽弁の使い手の友人
  • 露英日語を話すロシア人パートナー
  • レストランで見かけた在日韓国人のおばさまたち
  • 温泉施設で見かけたハーフの3姉妹

にインタビューしたり行動を観察したりした結果の考察をしてみました。

 

状況に応じた言語に無意識に切り替えている

 

目次

バイリンガルの言語切り替えは本人も気づかないほど早い

状況で方言を切り替える

  • 共通語のつもりでしゃべっており、なまっていても気づかない
  • 状況に応じて方言を切り替えている

 

友人に津軽弁の使い手がいます。

ふだんの会話は完全に「東京語」なのですが、ときどき単語のイントネーションが違うなということに気づきます。

 

あるとき方言の話になったので普段のなまりを指摘してみると、

「うそ!全然気づかなかった!」

とのこと。

 

また、ふだんはなに弁で物事を考えているか聞いてみたところ、

「実家に帰ったら津軽弁で考えるけど、東京にいるあいだは共通語で考えるよ」

とのことでした。

 

在日外国人の言語切り替えスイッチ

言いたい表現が日本語にない場合、母国語から探すから混ざる可能性

 

学生の頃、アルバイトをしていたレストランによく在日韓国人の方たちがきていました。

年のころは60代で、ふつうに国際結婚したというより歴史的な背景もあるのかなといった感じ。

 

で、

そのおばさまたちがおしゃべりしてるわけですが、お国なまりのある日本語をしゃべっていたかと思えば急に韓国語が混ざり、突然日本語に戻るという現象に驚きました。

 

あれ~?

日本語…いや韓国語?

さっきまで日本語しゃべってたよな?

気のせいだった?

日本語っぽい韓国語だった?

いやまて、やっぱ日本語だ!!

なぜ!?

 

ホールスタッフをしながらおばさまたちの会話についつい聞き入ってしまったことを覚えています。

 

言いたい表現が日本語にない(もしくはすぐに探せない)ときに慣れた韓国語で代用した、という可能性がありますね。

 

ハーフの子どもたちの流ちょうな二言語使い分け

子どもの場合、ささいなきっかけで二言語を切り替える

 

温泉施設へ行った時のこと。

 

外見上ハーフとわかる3姉妹の子どもが英語でぺちゃくちゃおしゃべりをしています。

後ろからお母さんに日本語で「静かにしなさい!走らないで!」と注意され、不本意そうに「はあい」と返事をして、今度は日本語でおしゃべりの続きをしていました。

 

ヤナ
たぶん、本人たちには言語を切り替えている意識はないんじゃないかな

 

何かのきっかけで日本語と英語の比重が変わると、バランスの傾いたほうの言語を使うんだろうと思います。

たとえばお父さん(英語話者)が話しかければ英語に、お母さん(日本語話者)が話しかければ日本語に切り替わるとかですね。

 

バイリンガルの頭のなかってどうなってるの?

バイリンガルの人たちは、たとえば頭のなかで独り言をつぶやいたりするとき、何語なんでしょうか?

私のパートナーはロシア語(母国語)、英語、日本語をしゃべれるトリリンガルなので聞いてみました。

 

頭のなかは何語なの?
パートナー
英語で仕事しなきゃいけないときは英語、ロシア語が必要なときはロシア語
じゃあ日本語しゃべるときは?
パートナー
何も考えない。ただしゃべるだけ

 

彼にとって日本語は一番遅く習得をはじめた言語で、やさしい日常会話はできても難しい熟語はわからないレベル。

対して英語はネイティブレベルで、4技能(読む、書く、聞く、話す)をかなり専門的なジャンルまでこなせます。

 

日本語で話すときは専門的な内容の必要がないためか、または日本語で考えられるほどの語彙がないためか、なにも意識していないという事実が発覚。

 

やはり頭のなかで無意識に、瞬間的に適切な言語に切り替えているのが正しいようですね。

 

苦手な言葉を得意な言葉で補う

またロシア人の彼の場合は日本語の語彙が少ないからこそ、言いたい言葉が日本語で見つからなかったときは英単語を混ぜてしゃべります。

 

それってほぼルー語じゃん!!
ルー語とは:

主に、タレントのルー大柴が顕著に使用する怪しいカタカナ語を多く交えた文章を指す語。例として、テレビCMのキャッチフレーズに使用された「トゥギャザーしようぜ」など。

Weblio辞書

 

「寝耳にウォーター(「寝耳に水」の意味)」「藪からスティック(「藪から棒」の意味)」

Wikipedia

 

彼の場合:

『ワタシはポスチャーが悪いから』(posture:姿勢)

とか、

『その日本人の男はサブミッシヴにならないとね』(submissive:従順な)

とか。

 

つまり、弱い言語を補うために慣れた言語にスイッチすることがあるんですね。

このスイッチでコミュニケーションを円滑にしているわけですが、なかなか高度な技ですよね。

 

ヤナ
私には到底できそうもありません

 

まとめ

バイリンガルの頭のなかってどうなってるの?という疑問について考察してみました。

 

その結果、

無意識の切り替えをしている

難しい言葉を慣れた母国語で代用している

状況に応じた言語で考え事をしている

ということがわかりました。

 

方言を含めたマルチリンガル話者は私にとって永遠にあこがれの存在です。

 

あわせて読みたい▶▶ロシア語になった日本語【オタク要素多め オトナ向けあり(笑)】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
目次
閉じる