ただいまサイトデザイン改装中(一部レイアウト崩れがあります)

ロシア人の挨拶はキスとハグと握手?男同士、女同士はどうするのが普通?

ロシア人ってスキンシップが激しいと聞いたけど、男同士、女同士ではどんな挨拶をするの?

今度ロシア人と会うことになってるんだけど、挨拶の仕方とかどうしたらいいんだろう?

 

こんな疑問にお答えします!

 

ロシア人パートナーや友人もいる私の経験からいくつかアドバイスしますね!

 

男性同士ならハグ&握手

女性同士ならハグ&チークキス

 

ハグとはぎゅっと抱きしめること。
チークキスとはほっぺた同士を軽く触れ合わせること。

 

いわゆる唇同士のキスは友人関係であればしません。
↑ただし例外もあります。本記事後半「おまけ」に載せているので、興味がある方は目次からどうぞ。(笑)

 

目次

男性同士ならハグ&握手

私が目にしてきた男性同士の挨拶は圧倒的にハグと握手が多かったです。

 

ロシア人彼には超仲のいいポーランド人の親友がいて、彼とポーランド男子は待ち合わせ場所で会った瞬間、ハグ。

(場所は日本ですよ)

私と3人で食事をした後、別れるときに二人はガッチリ握手。

日本人同士ではまず見ることのないだろう「友情表現」にジワジワ来るものがありました。

 

ウラジオストク在住の若いロシア人ファミリーの知り合いもいるんですが、初めてパパさんに会ったときはしっかり握手から始まりました。

数日間ホームステイをしたあと、帰国する際には力強いハグ。

これには驚きと、ドキドキと、「友情の証」を認めてもらえたようなこそばゆさを感じましたね。

 

男同士のハグはごく自然で誰でもするらしいのですが、ある程度仲がよくないとやらないようです。

 

ハグになじみのない日本人がロシア人にあいさつをするなら握手の方がハードル低そうですが、

  • 相手がハグで来るのか?
  • 握手で来るのか?

に関しては、

雰囲気と相手の動きに合わせればいい

ですね。

 

そんなにむずかしくないですよ。

 

女性同士ならハグ&チークキス

女性同士で多いのはハグとチークキスです。

 

少なくとも私は女性同士であいさつ代わりに握手するところを見たことがありません。
(もしかしたら私の知らないだけかもしれませんが)

 

私がモスクワのカフェでひとり暇つぶししていた時も、待ち合わせで来る男性同士では握手とか二の腕をバンッと叩くしぐさをしているのを何度も見ました。

 

でも女性同士では軽いハグ程度

 

「ハァイ!」
って感じの挨拶だけで済ませる人も多かったですね。
チークキスはといえば、彼のお母さんに会ったとき、別れ際に両頬にチークキスをいただきました。

 

チークキスなんか人生30年以上生きてきて誰ともやったことないし、
やり方なんてまったく知らない!知らないよ!!(;’∀’)
(そんなもの誰が教えてくれるというのか)

 

しかし女性の皆さん、ご安心ください。

 

うまく言えませんが、
その場の空気でわかります。あ、チークキス来るな、と。

 

ごく自然に相手の顔が近づいてくるので、右か左か、とにかく近い方の頬を少し前に差し出せばOK
その後、反対の頬も相手に向ければ、相手の方がこちらに向かってきてくれます。

 

それが正解なのかうまくできたのかはわかりません。
しかし大切なのは、親しくなった相手に
感謝と別れの名残惜しい気持ちを伝えることができたか
ではないでしょうか。

 

ロシア人彼のお母さんに、私の緊張やぎこちなさはわかっていたと思いますが、言葉は通じなくても私の行為はきちんと届いたはずです。

 

あいさつのやり方とかマナーとか、気にすることは大事ですが、
多少無作法になってしまっても心からの気持ちを表現できれば必ず相手に伝わります

 

ちなみに、
「男同士でチークキスはしないのか?」
という素朴な疑問を彼にぶつけてみたところ、
 

パートナー
しない

 

と即答でした。

 

はじめて会うロシア人にはどんな挨拶がいいの?

 

はじめて会うときはいったん待って、手を差し出す(握手)か、先方からハグの接近があるようならこちらも応じる
 

警戒心の壁を越えて一度仲良くなるとものすごい義理堅い友情を結べますが、
壁を乗り越えるまでは不用意な接近も嫌がられてしまうことが多い。

 

そのため、初めて会うひとやまだそこまで仲良くなっていないひとには、
会っていきなりハグや握手をするのではなく、相手の反応を見たほうがいいですね。
(「察し」は日本人の得意ジャンル)

 

「笑わないロシア人」は世界的にも有名で、モスクワでワールドカップが開催されたときも、
モスクワのカフェ店員は「笑う練習」までさせられたそう(;’∀’)

 

ロシア人はいつも怒ったようなぶぜんとした顔をしてますが、じつはかなりの人見知りなのだっ!
いわば、ツンデレ。

 

幸いなことに?私の知り合いの多くは社交的なロシア人でしたので特に問題はありませんでした。

 

特にウラジオストクのロシアンパパさんはネット販売をしているビジネスマンだったので、
グローバルな仕事を持っているロシア人は人並みに愛想がいいのかもしれません。

 

一口に「無愛想なロシア人」といっても、いまは社交的なひとも増えているんですね。
でも観光地では典型的なロシア人はたくさん見かけますね(笑)

 

まとめ

ペンパルと会う、ビジネスで会う、デートで会う…

理由はさまざまですが、第一印象のあいさつってとっても大事。

そして別れのあいさつはもっと大事。

 

言葉が十分に通じなくても、本当に心を込めた態度は相手に伝わります。

「はじめまして!会えてうれしい」

「よかった、ありがとう。また会いましょう」

 

「ハグの強さってどのくらいがいいの?」

「チークキスってどうやるの?」

そんなことは実はそれほど重要じゃない。

 

あいさつは目的ではなく、手段です。

目的をしっかり果たせるよう、がんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
お役に立てればなによりです!

 

おまけ:男同士でキスしてるロシア人いるけど?

 先ほどロシア人の男同士で友情のキスをする人はいない…

と言ったものの、いました。

しかも、ロシア(ソ連)のトップじゃないか。

 

1964年~1982年までソ連の首脳だったブレジネフはロシア式の歓迎のキスで各国の首脳を迎えた、という記事があります。

⇒「ブレジネフ書記長の熱いキスから逃れるため必死になった首脳たち」ロシアビヨンド(外部サイトへ)

また、ブレジネフの前のリーダー、フルシチョフも宇宙飛行士ガガーリンをキスで迎えています。

 

これを見た私。

「ロシアでは男同士でキスしない」と言い張っていた彼に、鬼の首をとったかのような勢いで言いました。

 

ヤナ
ホラ!男同士でやってるじゃん!しないとか言ってさ~
パートナー
…フルシチョフはロシア人じゃない
ヤナ
え。いや、ロシア人だよ。ウィキペディアに書いてあるよ(;’∀’)
1894年4月17日、ロシア帝国のクルスク県カリノフカに生まれる。父親セルゲイ・フルシチョフは炭坑夫。母親はクセニア。母方の祖父は農奴でロシア帝国陸軍に勤務していた。家族とともにウクライナ・ドンバス地方のユゾフカ(スターリノ、現在のドネツィク)に移る。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パートナー
ハ! ロシアではだれも信じてないね!
ヤナ
(あれ、なんか雲行きが怪しくなってきたぞ…)
あ、あのさ、ブレジネフもしてるよ、たくさん。
で、写真を見せる。
パートナー
ハハ~! コミュニスト(共産主義者)はねえ、
キスして周りをどんどん仲間にしたんじゃないかな!!
そっすか…

教訓:ソ連の話は現代ロシア人にはジョークにならないことがある(つまらん)

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてね!
目次
閉じる